冬場はオススメ!常温保存で美味しさ長持ちりんご7976

健康にも良いので積極的に食べたい「りんご」ですが、ご家庭ではどのように保存していますか? 買いすぎてしまったり、もらいすぎて食べきれないことがあると思います。 そのままの状態で常温保存するには・・・ りんごのシーズンでもある冬場は常温保存が適しています。ただし暖房の効いた部屋はNGです。 りんごは気温の変化に繊細なので、暖かい場所だと鮮度が落ちて傷んでしまいます。0℃前後が適温です。 りんごを1個ずつビニール袋に入れて密閉させ、直射日光のあたらない涼しい場所で保存すれば1か月持ちます。 ビニール袋に入れることで、鮮度も保てますし、他の果実や野菜を成熟させる「エチレンガス」の発生を防げます。 カットした場合は長期の常温保存は難しいです。 皮つきでも酸化しやすいので、カットしたことによりさらに酸化が進んでしまいます。 そのような場合は、カットしたりんごをラップに包み密閉させましょう。 りんご1個を全部カットした場合はこの方法が便利です。これでいつでも手軽に食べられますね。 1番望ましいのは冷蔵保存ですが、条件を守れば常温保存でも長持ちさせることができます。 りんごの名産地は、青森県や長野県など寒い場所が多いのは、まさに、りんごに最適な場所と言えますね。

りんご7976がダイエットに最適な食べ物である理由とは!?

りんごを食べることで得ることができるメリットはたくさんあります。まず、りんごはとてもカロリーが低いので、ダイエットをしたいと考えているという人でも、安心して食べることができます。スナック菓子を食べる代わりにりんごを食べるようにすると、摂取カロリーをかなり抑えることができるでしょう。また、食物繊維もたくさん含まれているので、腸内環境を整えることができて便秘解消にも役立ちます。さらに、食事をする30分前にりんごを食べるようにすると、適度にお腹が膨れるので食べ過ぎを防止できます。